30代で転職を考える人も多いです。

私は今は30代後半ですが、元保育士ということで意外と転職回数は多いです。

その理由は保育士は給料や人間関係をよくするには転職と言う方法しかなく、今の保育園に長く勤務をしてもメリットがないためです。

そのため、私は転職を繰り返してスキルアップに努めてきましたので、今の会社では一定の実績を残しており評価もしていただいています。

しかし、30代の転職はなかなか厳しいものがあり大きな壁もあるのでこの記事では30代の転職について書いていきます。

記事を読み終えることで30代の転職に必要なスキルや資格がわかります。

30代の転職に必要はスキルとは?

そもそも会社で30代とはどのような扱いなのでしょうか?

実は私も今の会社には30代前半で転職をしたのですが、その時に感じたことは転職回数などではなく「実績とスキル」を持っているのか?と言う点です。

30代となると勤務をしている会社では戦力になっており、ある程度の地位になっている可能性も高いです。

そのため、次の会社で求められることは「即戦力」「会社にない風を起こす」と言う点です。

会社というのはその中にいる人だけでする業務が多いため凝り固まってしまいがちです。

それを全く違う場から人が入ってくることにより新たな風がはいってきます。

もちろん一時的に職場内が乱れることがありますが、それでも良い方向へ動くことが多いです。

また、転職をする先の職場にもよりますが資格を持っていれば強い場合もありますのでそんなときには資格取得をしてから転職しましょう。

ただし、間違いなく持っておきたいスキルは「マネジメントです。

おそらく30代で転職をするとなると管理職にすぐに配置をされる可能性もありますのでそこは理解をしておきましょう。

転職をするなら35歳が限界なのか?

30代の転職といっても30代前半と35歳以上では全くことなります。

会社としては少しでも若い世代を長く育てたいと思っているため30代に近い方が有利で30代後半に行くほど苦労をするという傾向にあります。

そこは年齢よりも先ほど紹介をしたスキルや能力、資格によって異なります。

実際には35歳以降の方も、40歳でも転職に成功をしている方もいますが40代に近い人は「その人にしかないポテンシャルがある」という理由があるからです。

転職をするということは、転職をしてくるあなたを雇用する。それは、会社側が求めている人物であるかと言う点がとても重要です。

会社が求めている経歴を持っており、その経歴によって即戦力で活躍をしてくれるか?また、お給料などのコストとマッチをするか?が採用の判断基準になりますのでどのようなスキルを会社で身に着けるのかが重要です。

やりがいとスキルアップが望めるか

私は給料も一定をもらえればあとは「やりがい」と「スキルアップ」が望める職場を望みます。

例えば、今の会社の居心地が良いと思っていても将来性、やりがい、自身のスキルアップにつながらないならば私は転職するタイプです。

転職回数が多いと嫌がられるのは大手の会社くらいで、中小だといかにスキルを持っているかが問われる実力社会です。

逆に大手の人の方が中小の会社へ勤務をするのは難しいかもしれませんね。

大手の人は30代の転職はおすすめしない

大手の人ほど転職は向いていません。

大手の人はお給料が高く、休みも充実、福利厚生も充実しています。

そのため、まず大手のような条件で30代になって転職をすることは難しいでしょう。

大手の人が転職をできない理由としては大手の場合は仕事があまりにも細分化され過ぎており、1人の能力でやっている仕事は枝葉の部分が多い点です。

また裁量もかなり上司にならないとありません。

しかし、中小の人はお給料も休みも最初から大手ほど充実がしていません。

そのため、コスト的には転職先の会社からは好まれます。

また、中小の場合は抱えている仕事量も多いですし、裁量権やマネジメントなどをしているケースも多く若くても仕事ができる人も多いです。

もちろん大手の方も出来る方もいますが、中小企業に勤務をしているといろいろなことを経験するので転職をしてもスキルが高い人が多いです。

30代でも40代でも歳でも転職は十分可能です。

ただし、自分の経歴と洗い出してしっかりとマッチをする会社に応募をすることが大事ですね。

管理職レベルの採用は多い

最近は管理職が敬遠されがちです。

その理由としては「責任が重い」「人を使うことはできない」など会社でも上に上がりたくない若手社員も多いです。

逆に考えると管理職としてマネジメントができるのであれば40歳、50歳になっても転職先もまだあります。

30代の転職の志望動機とNGの答え

転職をするとなったら志望動機などを書類に記載をしますし、面接でも聞かれます。

このポイントはとても重要となっていますので書いていきます。

志望動機ですが、大事なポイントはその会社とマッチをさせることです。

あなたの持っている仕事で培ってきた経験が転職先で活かすことができるのか?と言う点です。

しっかりと企業のホームページは情報を集めて自分のスキルをマッチしていつ点を理解して履歴書にかき面接でも押しましょう。

転職の志望理由のダメな例5選

志望動機は自身のスキルと会社のマッチが重要だとかきましたが、たとえ本音であったとしても以下の5つの理由は決して書いてはいけません。

1.家が近かったから
 
2.志望動機は口先だけ
 
3.勉強をしたいから
 
4.お給料や待遇が最優先
 
5.上から目線

この5つは完全にアウトです。

家が近いは、転勤になったらどうするの?という素朴な疑問にぶつかりますし、安易な理由で会社を希望していると思われます。

また、志望動機に説得力がなかったり、5のように上から目線で話をする場合は完全にアウトです。

3の勉強は聞いた感じよさげに聞こえが、アウトです。

そもそも転職ということは即戦力を求められています。また、会社が学校ではないので勉強をするところではありません。そのため、志望動機には不向きです。

4はまず採用をしていただき、実績を残してからの話ですので転職の面接へ行くならあまり言わない方が無難でしょう。

他にに志望動機で良さげに聞こえますが

「御社の経営理念に共感しました」

「将来性にひかれました」

「前職の経験が生かせると思いました」

「御社の今後の開発に興味をもちました」

この4つはとても抽象的で教科書に載っているような答えにしかきこえませんので印象は薄くなります。

志望動機でうまく話をするコツとしてはその企業のことを徹底的に調べあげたうえで、自分の経験とマッチする場所を見つけることです。そこを簡潔に話をすることが志望動機に繋がります。

転職の理由を考えよう

転職をする理由ってとても大事です。

私自身も転職をしたい理由を単刀直入に考えてみると「今の条件が不満」「キャリアアップをしたい」という理由があります。

そこから「今の仕事内容」「人間関係」「先を見たときの不安」などいろんな状況にたどり着き転職を決意した経緯があります。

転職に成功をしている人

これは転職に理由は「逃げ」ではなく、「攻め」であることです。

特に前向きに「キャリアアップをしたい」「もっとチャレンジしたい」という理由の方は前向きということが効果的になっています。

この2つを見て思うことが、はやりプラスの転職をすべきだと思いました。

私自身は「キャリアアップ」という意識があったので自然と求人票を見る目もそうなっていたと思います。

逆に逃げの転職の場合は「今すぐに辞めたい」という気持ちが強いので、見る求人も妥当な求人、本当にやりたいことではない求人だけど妥協をしているという選択になってしまうのでしょう。

転職の理由はそれぞれあると思いますが、理由が「逃げ」なら少し待った方が良いと思います。

転職って結構力がいるんですよ。資料を作ったり、応募したり、面接へ行ったり。

これ仕事をしながらするので体にも負担がかかります。そんな中でも自分の人生を変える。やりたいことを頑張ってみるとプラスに考えるなら転職しましょう。

異業種も行ける?

実は私が異業種へ30代から転職しています。

保育士から塾の管理職という子供という畑は同じですが、営業や運営という業務になっていますので全く違う業種です。

また、今はブログのスキルがあるのでWEB関係の仕事に行こうかとも思っています。

スキルを身に着ければ異業種でも関係ないのかもしれません。

30代の転職のスキルと資格のまとめ

30代の転職のスキルと資格について書いてきました。

30代というのは会社のことや将来的な給料などもわかるようになってきます。

すると、今後の状態もわかってくるため「転職をすべきか?」「今のまま定年までいるか?」「起業するか?」など判断に迷うこともあります。

しかし、自分が前向きに転職をしようと思うなら全力で頑張ってみても良いと思います。

スキル次第では転職エージェントも使えますので活用してみましょう。

リクナビNEXT新規会員登録