アドセンスを実践している人が気になるのは1クリックの単価です。

実はアドセンスをしている人の多くはブログで稼ぎたいなど目的をもって取り組んでいますので1円でも多いほうが良いにきまっています。

なぜならば、稼ぎが増えるから。

しかし、そんなに簡単にはアドセンスの単価は増えませんし、コントロールすること自体がとても難しいですが私はある方法で単価アップに成功しやすい単価のクリックがなくなりました。

この記事ではアドセンスの単価を上げる方法を書いています。

記事を読み終えることでアドセンスの単価を上げる方法や設定がわかります。

アドセンスのクリック単価を上げる設定方法

実は私のこの方法を実践するまでは単価が低くこまっていました。

中にはクリックをたくさんされているのに単価は1円や2円など驚くほど単価が低くなっていることもありました。

せっかくクリックをされているのに単価が下がるなんてショックですよね。

私もこの方法はブログを開始して6ヶ月ごろにしました。

そのころは一日100円いくか行かないか程度だったのですが、この方法を実践してからは100円以下になることはなくなりました。

初心者ブロガーの方が単価を上げる方法ですし、単価が低くて悩んでいる方は試してほしい方法です。

Googleアドセンスの単価はいくら?

そもそもGoogleアドセンスの単価はいくらでしょうか?

これについては不明となっています。

Googleも正式には発表をしていませんが、1クリックの単価は20円~30円が相場です。

ただし、クリックをされる広告によっては1円のものもあれば500円くらいいくものもありますので一概に20円や30円と呼べるものではありません。

自分のサイトのテーマやジャンルなどによっても異なりますが確認をする方法があります。

Googleアドセンスのトップページにある「本日(現時点まで)」と言うところの下にある「CPC」と言うところを見れは1クリックの単価が分かります。

その当時は悪い日は10円と言う日があったり、25円という日があったりとまちまちでした。

(※報酬画面を出すことは規約違反になりますので控えます)

クリック単価の高いジャンル

アドセンスはあなたの記事の内容や読者が今まで見ていた広告などが児童で表示をされます。

しかし、扱うジャンルによって単価は全く異なります。

単価の高いジャンルは以下の通りです。

・転職・求人系

・自動車系(中古車査定や自動車保険など)

・保険係

・金融系(クレジットカード・ローンなど)

・美容系(エステ・脱毛など)

・投資系(FXなど)

・婚活系

・不動産系

もちろんこの辺りの記事を書けばよいのですが、トップアフィリエイターがたくさんいるジャンル。

つまりレッドオーシャンなので検索の上位を狙うにはかなり苦労をすると思われます。

Googleアドセンスの単価を上げる設定方法

では、本題のGoogleアドセンスの単価を上げる方法です。

これはGoogleの設定で簡単にできますので順番に紹介をしていきましょう。

Amazonと楽天の広告を表示させない

アドセンス広告で楽天やアマゾンはよくでてきます。

しかし、楽天もアマゾンも単価は驚くほど低いというのはあまり知られていません。

特に物販関係をしている人は本来ならば楽天やアマゾンの報酬が自分に入るはずなのに逃げられたりします。

私は「単価が低い」「自分のリンクがクリックされない」という理由からブロックをすることにしました。

ちなみに楽天とAmazonの広告単価は1円~5円くらいです。

Amazonと楽天の広告をブロックする方法

以下の方法でクリックを進めてみてください。

1,ブロックのコントロール

2,すべてのサイト

3,広告主のURL

4,表示をさせたくない広告を張り付け「URLをブロック」

以下をコピペして貼り付けてください。

www.rakuten.co.jp

rakuten.co.jp

www.amazon.co.jp

あとは楽天の広告を配信している「criteo」もブロックしておきます。

1,広告ネットワーク

2,検索窓に「criteo」を検索してすべてブロック

これは単価が下がったという人もいますので、ブロックをして1週間くらい様子をみましょう。

私は単価が変わらずむしろ上がったのでそのままにしています。

単価の低い広告を表示させない

あとは単価の低い広告、クリック率の低い広告を表示させないのも1つの方法です。

確認の方法は以下のとおり。

1,ブロックコントロール

2,すべてのサイト

3,一般カテゴリ

4,オレンジのところをチェック

・「広告表示回数の割合」(過去30日間)

・「収益額の割合」(過去30日間)

この2つをチェックをして収益性の低い広告をクリックすると良いでしょう。

〇表示回数の割合<収益額の割合→これは優秀ですのでそのままにしておきましょう。

×表示回数の割合>収益額の割合→これは差が大きすぎますので避ける方が良いです。

ブロックをするには「許可またはブロック」の項目をチェックしておき、スイッチをすればすぐにブロックされます。

アドセンスのクリック単価を上げる方法のまとめ

アドセンスのクリック単価を簡単に上げる方法についてかきました。

もちろんすべての人に適用をされるわけではありませんし、この設定により単価が下がる可能性もあります。

しかし、それは人によって異なるため単価が低いと嘆いているのならば一度チャレンジしてみましょう。

1週間様子をみて単価がさがるのならば元に戻せば問題ありません。

私は幸いなことにこの2つの方法でクリック単価が一気に上がりましたのでぜひ試してみてください。