ブログ記事を書いても一発で順位が上がるなんてことはほぼありません。

実はブログで記事を書いた後が大事なのです。

そもそもブログの記事を書いてアップしたら誰かが読んでくれるというのは幻想・・・。

まだグーグルさんにすら認知をされていないブログの記事はいつまで経ってもアクセスなんて集まりません。

そんなときにすべきことは「リライト」です。

リライトってなに?やり方知りたいという人に向けて書いていきましょう。

ちなみ私はリライトをしただけでアクセス5倍になりました。

ブログのリライトとは?

そもそもブログのリライトってなに?というところから説明をしていきましょう。

リライトとは「修正・加筆」をすることです。

書いた情報をアップしたらその時がおそらく一番新しい情報であることはまちがいありません。

しかし、そこから時間が経過をしていくとともにどんどん新しさはなくなっていきます。

そう、野菜のように。

常に新鮮な状態に記事をしておくことでユーザー目線にもなりますので、ブログの記事を書いたら定期的にリライトをするほうが良いとされています。

リライトをすることはいろいろとあるのですが、例えば以下のようなものは定期的に書き換えるべき。・

・書いていた情報が新しく改定された。

・法律が変わった。

・すでに古い情報になり誰も参考にならない。

こんな風に記事を積み重ねていくと、古い情報が混在をすることになるので意味がなくなってしまいます。

そんな記事は積極的に書き換えて記事をリフレッシュすると新鮮な状態に戻りますのでグーグルからの評価をされるでしょう。

リライトをした実体験

ちなみに私の書いているブログの中には400記事を超えているものもあり定期的にリライトをしています。

リライトをするとアクセスはほぼ伸びますね。

例えば以下のようになりました。

・記事1:順位29位 →リライト後3位

・記事2:順位17位 →リライト後1位

あとはキャッシング系のキーワードで18位に位置していたアフィリエイトサイトをリライトした結果2か月間1位にいたました。

正直めっちゃ稼げましたが小手先でしたのですぐに落ちてしまいましたね。

ブログのリライトの方法

でも、具体的にブログのリライトはどんな風にすべきなのでしょうか?

これについて書いていきましょう。

ブログのリライトについては人それぞれなのですがやり方がありますので書いていきましょう。

リライトの方法

リライトをすべき方法は以下の3つ。

・内部リンクを張る。

・情報の追記。

・体験談など独自のコメントを追記。

です。

内部リンクを張る

内部リンクは大事です。

特に関連性のある記事に関しては内部リンクを張っていくとよいのですが、おそらくリライトをしている記事は少し古いものでしょう。

そのブログを書いたときにはなかった関連をしている記事があるかもしれませんので、その記事に内部リンクを張るだけでも立派なリライトになります・

情報の追記

グーグルの順位は網羅性という点が影響をします。

つまり、あなたのブログの記事の順位が低い場合には上位の記事により良い有益な情報が書かれているということになります。

そのため、足りない情報は独自の目線で追記をし、そこに追加でかけることがあるならば追記をしましょう。

私は最初は3000文字くらいだった記事を定期的にリライトして最終的には2万文字くらいしたこともあります。

もちろんしんどいとかはなく、追記していたら知らない間にすごい文字数になっていたということです。

体験談など独自のコメントを追記

グーグルは独自性も重要視します。

そのため、体験談や自分の意見など人には書けないオリジナルのこともかきましょう。

これで独自性も追加されますね。

リライトする記事の目安

「わかったじゃあ全記事リライトだ」「リライトばっかりするぞ」と思ったでしょう?

それは大きな間違いです。

そもそもアップをして3か月から半年くらいはGoogleのサイト内に浸透もしていませんし、アクセスもほぼ集まりません。

私の体感的にも記事をアップして3か月くらいから徐々にアクセスが入りだしているイメージですね。

そのため、3か月経過したくらいの記事をサーチコンソールでチェックして、アクセスの有無や訪問者のキーワードなどをチェックしてみましょう。

そこで30位前後にいる記事をタイトルの変更や記事の内容、Hタグの見直しなどをすることで一定の効果が得られます。

逆に2位に位置している記事などはあまりいじらない方がよいでしょう。

1位を目指すならば他の記事でも1位を目指す方が楽です。

新記事時はしばらく放置

もちろんタイトルやキーワードなど最低限のSEO対策をしているとして、新規記事はしばらく放置です。

そもそもアクセスのない記事を「0→1」にするよりも「1→2」にするほうが楽です。

そのためアップをしたらしばらく放置。

アクセスが入りだし、順位が上がってきたタイミングでリライトがベターでしょう。

アクセスが集まらないはリライトしていないから

アクセスが増えない、集まらないとな嘆いているブロガーやアフィリエイターも多いでしょう。

そんなときに「リライトしていますか?」と聞くと大半はしていません。

していないどころか「リライト」すら知らないという現状です。

まず、リライトをやってみたらよいとおもいますしサーチコンソールを使った具体的なキーワード検索の方法もありますので知りたいという方はお問い合わせください。

ブログのリライトは必須のまとめ

ブログのリライトは必須です。

これできない、やらないはもったいないです。

しかし、リライトへ行く前に記事が書けませんは論外ですけどね・・・。

継続して記事をかいて、アクセスが集まらないとなったら次はリライトをしてアクセスを集めるようにしていきましょう。

記事のリライトは「必須」ですよ。