仕事はどんなもの?ブロガーの収入

ネットビジネスの中でも文字を書いてお金を稼ぐ人たちがいます。

中でもホームページやブログと呼ばれるものをつくってそれに文字を書いて情報発信をしていくなんて人がいますね。

そんな記事を書いて収入を得る人のことを「ブロガー」と呼ぶ人もいれば「アフィリエイター」と呼ぶ人もいますがこの違いは何なのか?

ちなみに私はアフィリエイターだと自分では思っているのですが問い合わせで「アフィリエイターになりたいんです」「ブロガーになりたいのです」といわれます。

そんなネットの仕事の違いについて書いていきましょう。

ブロガーとは?

ブロガーの中には有名な人も多く、イケハヤさん、クロネコさん、のりこさん、桃さんなどはブロガーではなくても知っている方もいると思います。

そんなブロガーと呼ばれる人の定義について書いていきます。

ブロガーとは基本的に日記、記録、情報などをWEB(インターネット上)に公開をしてそこに表示をされる広告収入を得ている職業です。

ちなみにブロガーといてっても明確な資格や条件というものはなく、極論はWEB上に「あ」と文字を発信をすればブロガーという扱いになります。

しかし、世の中からブロガーとして認知をされるためにはコツコツを記事入れをしてページ表示回数(PV)を稼ぐしかありません。

有名ブロガーの多くは読者に価値を与えて自分の文章だけでリピーターを付けるような才能を持っている人もいます。

収入はどれくらい?

ブロガーが使っている広告収入の基本はアドセンスになります。

Googleアドセンスとは?登録方法とと審査に通過するポイント

アドセンスは記事を読んでもらう、クリックをしてもらうことにより収入になるケースが多く0円でも自称ブロガーとして名乗ることが可能です。

その収入はページの表示数によって大きく異なりますが有名になるとそこに関連をした商品を紹介してくれないかという収入源も構築可能です。

月に30万PVで月に10万円ほどといわれておりそこへ行きつくまでほぼ挫折をしてしまいますがそこから継続して続けていくと収入になりますしプロブロガーと言えるでしょう。

一般人でもネットビジネスとして情報発信をしていける力があるという点は大きな魅力ですが月に30万PVというのは容易ではありません。

アフィリエイターとは?

それに対してアフィリエイターは売る商品などを事前に決めてそれに対してコミットをしていく仕事になります。

例えば「青汁」という商品とキーワードで販売をすると決めたら青汁のサイトを構築してそこにSEO対策をしていきます。

商品を探している人の悩みや問題を解決するために記事を書くのですがそこにKWを入れ込んでいるという点が大きな違いとなりますね。

そのため、アフィリエイターは自分をブランド化させることはあまりせず基本的には商品ありきでサイトに文字を書いていきます。

アフィリエイターの収入

アフィリエイターの収入は人それぞれとなりますが稼いでいる人は月に1000万円クラスの人がおりますが月に5000円も稼げない人が95%と言われている非常に厳しい世界です。

収益目的ならば間違いなくアフィリエイターの方が稼げますし、収入も多くなります。

アフィリエイターの目的はあくまでも収益となっており、そこにコミットをするためだけにサイトを作って記事を書き込むからです。

ブロガーとアフィリエイターの違い

最初から設計図を作って記事を書いていく人はアフィリエイター。

好き勝手に自分の情報を発信して、収益化できそうなものだけ収益をするのがブロガーです。

初心者が始めるならば最初はブロガーになり記事を書く基本を学んでからアフィリエイターになる方がスムーズに移行ができます。

アフィリエイターからブロガーには記事の書き方が全然違うのでなりにくいですね。

ブロガーとアフィリエイターのハイブリッド

また、最近は両方の良い点と活かしている人も多くなっています。

私の場合はアドセンスサイトをもっておりそこにはブロガーのように記事を書いて広告収入を得るやり方と、狙いのKWを決めてそこにコミットをする記事を1つのサイトで運営する方法です。

これをすると有益な情報の発信やちょっと書きたいことを発信しながら、売りたい商品も売ることができます。

また、1つのドメインで運営をしているため評価も高いものになりますのでメリットが大きいです。

こんな風にブロガーとアフィリエイターの両面を持っている人もいますのでどんどん世の中が進んでいるイメージですね。

まとめ

アフィリエイター、ブロガーのどちらでも大きな差はなく「私ブロガーです」「私アフィリエイターです」と名乗ればそうなのかなと思います。

あとは、自分が稼ぎたいのか?それとも情報を発信をしたいのかによっても異なりますので最初の時点できちんと考えるべきですね。

最近はアドセンスの広告収入を狙っているアフィリエイターも多くそこから自分をブランディングしていくという方も多いですので新たな形がどんどんでてきますね。