文字数は何文字?ブログを更新する悩み

ブログを更新するための大事なことは、継続して書くことです。

ブログの使い方は人それぞれ。

個人的なアメブロなどのブログを持っている人は日常的なことをざっくばらんに書くことになりますし、ビジネスを行っている人ならば自分が行っている事業は実績。

何かを作っている人ならば作品集などを載せることになります。

ホームページにはブログ機能を付けることにより更新にもなりますし、あなたらしいオリジナルコンテンツになると思いますので継続してやっていきましょう。

しかし、よく聞かれるのですが「ブログって何文字書けばよいですか?」というものです。

確かにブログを毎日書くとなった場合に文字数というものはとても大事なのです。

私も日ごろから記事を書いている身なので、文字数というものは常に意識をしてますので、今回はブログの文字数にスポットを当てて書いていきます。

ブログの文字数カウント

ブログを書いている人がまず知っておくことは日常から自分は文字数どれくらい書いているのかというところです。

文字数が気になる方は私が使っている文字数のカウントを使ってみてください。

→http://phonypianist.sakura.ne.jp/convenienttool/strcount.html

これ、段落なども細かにチェックをしてくれるので便利です。

調べてみてどうでしたか?500文字はありますか?いえいえ1000文字ありましたと喜んでいますか?

いつも書いている記事の文字数って以外に少ないと感じるか、多いと感じるかは人によりますね。

文字数の意味と目安

では、本題に入り真面目に書いていきます。

私はアフィリエイトをしており、実際に広告収入を得ています。

アフィリエイトといってもサイトアフィリエイトなので、毎日やっている仕事は地味です。

コツコツ記事を書いていく、追記していくということしかやっていないのですが文字を書くという仕事はほぼ毎日おこなっています。

seoに文字数は影響する

seoに文字数は関係しますか?

これについては私はある程度関係をすると思っています。

しかし、誤解を招かないように書くとするとあなたが3000文字を書いたとしても書き方が間違っていると上位表示をされることはないです。

正しい書き方で3000文字を書き込むことによりキーワードによって上位表示も十分可能になるといえます。

文字数よりもクオリティ

文字数に意識が行きがちなのですが、ブログなどで記事を書く場合に大事なことは「記事の内容」です。

ブログやホームページで何かを検索するとなった場合にあなたは何を求めていますか?

例えば「ブログ文字数」と調べた際に、

・文字数を数えたいのか?

・最適な文字数を調べたいのか?

・文字数を増やす書き方を知りたいのか?

このように検索1つにしても目的によって異なると思います。

その情報が盛り込まれているかによって文字数というのは変わってくると思います。

クオリティが大事

ブログを書いている人はついつい文字数を意識しがちですがそこは違っており、記事のクオリティがとても大事です。

クオリティとはユーザーの検索してきた内容に対して

・わかりやすく

・問題を解決できる内容

この2つができているのかという点になります。

キーワード検索はユーザーからするとわからないこと、気になることを解決したいという気持ちをもっています。

そのわからないこと、気になることを解決できる記事こそクオリティの高いブログになりますね。

例えば、「ブログ文字数」と検索をした場合に2つのブログを見つけたとします。

1,ブログは何文字でもOKと根性論を書いてある300文字のブログ

2,ブログの文字数、seo対策、ブログの書き方に至るまで網羅をしてある3000文字のブログ

さて、どちらがユーザーの満足度は高いものになるでしょうか?

誰もがわかると思いますが2になりますよね。

これはブログのクオリティという点になります。

検索エンジンも文章のクオリティを見ている

これは先ほどのseoにもつながるのですが、検索エンジンはほとんど文章のコンテンツを見ており、そのクオリティをみています。

ユーザービリティとも呼ばれるのですが、検索をしてきた人にいかに良い情報を提供しているブログなのかということになります。

これをYahoo!やGoogleのクローラーと呼ばれるロボットが記事を読み取っておりデーターベースへも誓って整理、登録をしてインデックスをさせています。

インデックスとはホームページ上に表示をされること。

されていない場合にはホームページで検索をしてもでてこないということです。

例えると、お店は作ったけれども存在をしていない(人の目には見えない)ような状態。

そのインデックスをされている記事の中からある人は検索をした内容に対して最もユーザーのニーズを満たすことができるとされているページを表示させています。

文字数が多いサイトは上位になりやすい

結局文字数が多いということはユーザーの検索をした際の問題を解決できる力を持っているページという扱いになります。

私も常に検索をすることを仕事にしていますが、ほぼ500文字など少ない文字数で上位に表示をされているものなどありません。

最低でも1000文字で、文字数の多いサイトだと1万文字なども普通にあります。

(※キーワードによりますが、検索数の多いページほど如実に表れています)

Googleは関係ないと言っている

Googleは文字数は関係ないといっています。

文字数は判断材料にしていないといっていますが、検索をしてみると上位表示をされているのは文字数の多いサイトです。

これは文字数で判断をしているのではなく、コンテンツの充実で判断をしているといわれていますね。

質の高いコンテンツを書くと文字数は必然的に増える

私は記事を書く際に良い情報を提供することと心がけています。

するといつも文字数は勝手に増えていくというのが正直なところです。

もちろんどれくらい書き方で、どんな内容でということによってもことなりますが内容を充実させて検索ユーザーのためになる記事にしようとおもって書いています。

すると、文字数を意識をしなくても1000文字、2000文字なんてあっという間に超えてしまいますね。

頭の中に文字数を置くのではなく、検索をしてくる人のことを考えてみると記事の内容や質というものは変わってくると思いますので、ブログを書く際にはそれを意識してみましょう。

基本的な書き方がわからない方はこちらを参考にしてください。

記事の書き方の基本!アクセスを集めるための書き方を紹介

文字数は最低何文字?

何よりもユーザー目線で書くことは大事なのですが、それにとらわれてしまうとさらに書けなくなる人もいます。

記事をかかないよりは書くほうが絶対に良いにきまっていますので目安をお伝えすると、

最低でも1000文字は書きましょう

うえはいくらでも書いて構いません。

私はいろいろなサイトを運営していますが。ASPで上位を狙ったサイトだとトップに2万文字くらいありますし、アドセンスだと1記事5000文字あるものもあります。

もちろん最初からそんな風に書いたわけではないですが、文字数よりもユーザーのことを意識している内にここまで文字数が増えたというのが正直な感想です。

文字数は関係ない。

これは結論ですが、文字数があるほうがseo的にも、ユーザー目線でも良いですよ。

もしなかなか文字数が増えないんだよねという方は書き方を間違っているか?もしくは書き方を知らないために起こっています。

私もあるコツをつかんでからは数千文字でも苦しくなくかけるようになりました。