先日ライティングに関しての相談を受けることがありました。

相談の内容としては今まで記事を書く仕事をしてきたけれども、SEOを意識したライティングをしたことがないというものです。

ブログやホームページなど記事を書くとなった場合に大事なことは検索に引っかかることです。

中には「検索に引っかからない」「アクセスにならない」という人もいますがそれはそもそも検索に引っかかる記事の書き方ができていないからです。

ここではSEOライティングについて書いていきます。

記事を読み終えることで初心者が抑えるべきSEOライティングの基礎を学べます。

SEOライティングとは?記事を書く基礎情報

そもそもSEOライティングとは?何なのかと言う点について書いていきましょう。

SEOライティングとはSEOを意識した記事の書き方です。

例えば、「アフィリエイト」という検索をする場合に「どのような人に読んでほしいのか?」というペルソナを考える必要があります。

「アフィリエイト ブログ」と検索をする人へ向けて記事を書こうと思うとおそらく以下のような人が想定できます。

・アフィリエイトつかうブログを探している。

・アフィリエイトで稼いでいるブログがみたい。

・アフィリエイトブログで稼げるのか?

・アフィリエイトブログは何記事書けばよいのか?

他にも想定ができるものがありますが、その中から自分が届けたい記事を書いていくことになります。

その想定をされる人に読んでもらえる記事を届けるためにタイトル、記事の書き方をすることがSEOライティングの最初の段階となります。

特に以下の3つのポイントを押さえることが重要です。

→ 記事の書き方の基本!アクセスを集めるための書き方を紹介

1.ユーザーと検索エンジンにわかりやすくする

次に大事なことはユーザーにも検索エンジンにもわかりやすくすることです。

最悪なケースとしては「アフィリエイトのおすすめブログを紹介」とタイトルに書いているのにブログを1つも紹介していないというもの。

タイトルだけはユーザーと検索エンジンへ向けて書いているのに中身が伴っていないものはダメです。

上記のタイトルならば「アフィリエイトブログに関する記事」をきちんと書くべきです。

Googleも再三申していますが、「良質な記事」を求めていますので「アフィリエイト ブログ」の検索意図にしっかりと対応できる記事を書くべきですね。

2.キーワードを入れ込み1つの記事で網羅する

次にキーワードを入れ込み網羅をするということです。

タイトルに入れ込むのはもちろんですが、記事内にもきちんとキーワードを入れ込みましょう。

例えば「アフィリエイト ブログ」とGoogleで検索をしてみると

・アフィリエイト ブログ おすすめ

・アフィリエイト ブログ 始め方

・アフィリエイト ブログ ランキング

・アフィリエイト ブログ wordpress

・アフィリエイト ブログ

・アフィリエイト ブログ 作り方

・アフィリエイト ブログ サイト

・アフィリエイト ブログ 見本

・アフィリエイト ブログ 内容

・アフィリエイト ブログ 無料

赤い部分のキーワードは記事のタイトル、段落、記事内へ入れるようにすることで検索エンジンにひっかかる可能性がでてきます。

3.URLや画像は関連するものを

次にURLや画像は記事と関連するものを入れることが重要です。

先ほどの「アフィリエイト ブログ」という記事を書いたならばURLの「https://○○.com/affilate-blog」をいうようにURLからも記事の内容がわかるようにすべきです。

また画像も関連をするものを入れて、できればスマホなどで撮影をしたオリジナルが好ましいでしょう。

テクニックよりも良質な記事を書くことがコツ

初心者はとても時間がかかります。

私も最初は1000文字書くだけでも数時間かけて書いていましたがそれを積み重ねることによりアクセスを生むことができます。

スキルも大事ですが、最初はとにかく記事を書いてみてキーワードがきちんと入っているかを見直すことです。

検索者の意図を満たす記事になっているのかという点ですね。

初心者にありがちなのですが、記事を書いたこともないのにセミナーや講座へ行く人もいます。

しかし、それはあまり意味がありません。

まずは記事を書いてから学びに行くと理解も対応も早くなりますのでまずは無料ブログで書いてみましょう。

SEOライティングの相場とは

実はSEOライティングを身に着けると仕事になります。

私も実際に依頼を受けることがあり、安い人で1文字1円からとなりますが、書くだけでも検索にひっかかる記事を書ける人になると1文字5円なんて世界です。

1文字5円だと1000文字で5,000円ももらえるので夢のような仕事ですね。

→ 記事外注の方法とは?相場の金額と失敗をする理由と体験談

書けないならば代行すべき?

相談を受けた人には同じような内容で話をしたのですが、その時に「代行しようかと思っている」という相談をうけました。

その代行料金は1文字1円で安価なものでしたが利用すべきではないと伝えました。

その理由は以下の通り。

・自分がわからないため発注をする記事のタイトルが決められない。

・本当に正しいSEOライティングをされているか判断できない。

・300文字など文字数があまりにも少ないものは意味がない。

・コピペをされていてもわからない。

文字数はあまり関係ないといわれていますが、それでも1記事最低でも2000~3000文字はほしいものです。

しかし、そうなると1記事3000円程度は必要となりますのでまずは自分で100記事くらい書いてみると検索に引っかかる書き方やタイトルがわかるでしょう。

代行はラクですが、オリジナル性に欠けますしわからない人が見ても分かりません。

まずはSEOライティングについてこの記事を参考に書いてみましょう。

初心者向けですので上記の3つを意識して500文字程度から初めて見てくださいね。

SEOライティングを初心者に解説のまとめ

好き勝手な記事を書いてもGoogleで上位を取ることは不可能です。

記事を書くにも最低限のマナーがあり、それを踏まえたうえで良質な記事を書くことが重要になります。

コツコツ記事を書いていると、上位表示をされるようになり自分自身も気持ちが盛り上がるものになりますので記事をコツコツ書いてみましょう。