WEBの仕事をしているといろんな英語の言葉が出てきます。

その中で聞いたことがあって内容をしっているものがあれば、「これは何だ?」なんてこともあります。

その中でもどちらも同じ意味と思っている方が多い言葉が「SEO」と「SEM」です。

よく似た言葉となっていますが内容は全く違うものなので、SEOとSEMについて書いていきましょう。

SEOとSEMの違い

この2つの言葉はよく似た言葉になりますが実は違うものです。

その違いは目的について書いていきましょう。

SEOとは

SEOとは「Search Engine Optimization」の略する言葉となってり、日本語では検索エンジン最適化なんて言われています。

ホームぺージを見ていただくとわかることなのですが、検索上位にいる方がアクセスが来ることは当たり前です。

その検索を上位にするために記事を書いたり、追記をしたり、被リンクを送ったりすることが検索エンジン最適化ですね。

googleが決める検索順位

日本で検索をするものといえばYahoo!とGoogleの2つが基本となっています。

検索エンジンに関しては検索エンジンとは?日本で人気なのはGoogle?それともYahoo!?に詳しく書いていますので参考にしてください。

このいずれかのの検索上位になれば検索数が増えるのですが、簡単に書くとGoogleの検索のためにロボットをYahoo!も使っているため結果的にはYahoo!もGoogleの施策をしなければならないということなのです。

seo施策

もちろん費用をかけてGoogleの検索上位の購入するという方法がありますが、ずっと広告を載せるためには費用も必要となります。

しかし、SEOの施策をして検索順位で1位を獲得すれば広告費を賭けなくても人が集められることからホームぺージ作成業者などは広告費をしはらわて順位を買おうとしたりしています。

SEMとは

seoについては何となく知っている人も多いです。

次にseoとは違う意味のsemについて書いていきましょう。

semは(Search Engine Marketing)が略となります。

日本語で伝えると検索エンジンマーケティングという言い方となり、検索エンジン経由でWebサイトへの来訪者を増やす、来訪者を増やして彼らから得る利益を増やす検索エンジンを利用して集客などをするマーケティングの手法のことです。

SEOは検索エンジンの最適化をするのに対して、SEMは検索エンジンを利用して訪問者と増やすための方法のことです。

手法はSEOとリスティング広告

ただし、SEMをするためにはSEOが必要となります。

その理由は検索エンジンを利用するという時点でSEOは切っても切り離せられません。

そのため、SEMの中にはSEO手法も入りますし、ここにリスティング広告も入ります。

リスティング広告とはGoogleの検索順位のトップにでる広告のことで1クリック○○円という購入の仕方をします。

他にも動画広告などGoogleアドセンスの広告主側になることもSEMの手法の1つとなりますね。

WEBマーケティング

また、別の言い方でWEBマーケティングという言い方もあります。

これは、特定のサイトに集客をしたあとにどこの訪問者へつなげたいのか?また、訪問者にどのようなアクションをしてほしいのか?という点をトータル的にマーケティングすること。

これをWEBマーケティングと呼んでいます。

つまり、WEBマーケティングの中にSEMがあり、SEMの中にSEOがあるということです。

SEOとSEMの違い

SEOとSEMという2つの言葉について書いてきました。

もちろんこの2つの言葉は似ており、全く関係のない言葉なのかといわれるとそうではありません。

すべてが相互的つながっており、うまくまとまったときに大きな成果とでます。

ただし、すぐにできるのかと言われると難しい問題もありSEMをするためにSEOを知らなければなりませんし、WEBマーケティングをするためにはSEMをうまく活用しなければなりません。

そのためにもすべての項目を理解しなければなりませんね。