YMYLという言葉をきいたことはありますか?

アフィリエイター、ブロガー、などネット関係で仕事をしている人はみんな知っている言葉です。

しかし、始めたばかりの人、これからアフィリエイターになろうという人は知らないことばだと思いますので書いていきましょう。

結論からいうとこのYMYLを理解しないとおそらく稼げませんし、そもそもサイトが上位に挙がってくることもありませんので理解をしておきましょう。

YMYLとは

まずこのYMYLという言葉の意味について書いていきましょう。

これは「Your Money or Your Life」の略語です。

googleが起こした変動の1つなのですが、検索品質評価ガイドラインの中に書いてある「将来の幸福、健康、経済的安定、人々の安全に潜在的な影響を与えるページ」を指している用語です。

もう少し簡単に書くとホームページ内に「お金」「生活関連」「健康関連」「法律系」の内容を扱っているページという意味になります。

(参考:Google「General Guidelines」)

これは昨年2017年の12月に大幅な変動があったことによりわかりました。

Googleは日々変動をして良質なサイトを上位にあげようとしているのですが、この2017年12月に行ったアップデートを別名Medicアップデート(医療系アップデート)とも呼んでいます。

このアップーデートの狙いはYMYLではないかと言われていますね。

ちなみにこのアップデートでおよそ60%のサイトに影響が出たといわれています。

ページの権威性と品質性

つまり、金融関係、健康関係などを取り扱っている人が本物なのか?適当な記事を書いていないのか?ということを見られたのです。

例えば、医師が書いている医療関係の記事ならば権威性も信頼性もあります。

しかし、その辺のおばちゃんが書いた病気のサイトをみて信頼できますか?権威性はありますか?という点です。

ネット内には適当にその辺にサイトに書いてることのあるものを書いている素人がいるために信頼性が損なわれていました。

特に健康系は注意が必要でサイトを作っている人は商品を売りたいために「治る」「やせる」「白くなる」など断定をして書いていたのです。

しかし、それは商品をつかってみないとわからないことなので大問題となりました。

このアップデート以降は健康系や医療系、金融系は素人では手の出せないジャンルとなったのです。

SEO対策はE-A-Tがポイント

そのため、どこのだれかが知らない記事を書いたとしても信頼をされないため順位も上げにくいという現象が起こっています。

そのため、今後は以下のような対策が必要です。

高いE-A-T(専門性、権威性、信頼性)のコンテンツ

・豊富なコンテンツ

・カスタマーサポートの情報の充実

・レビューなどの評価の獲得

・サイトについて信頼できる情報が掲載をされている。

・ホームページのユーザビリティとデザイン、機能

特にE-A-T(専門性、権威性、信頼性)はめちゃくちゃ大事です。

ここまで信頼のあるサイトだと、被リンクもたくさん獲得できるといわれていますのでより上を目指していくことが重要。

つまり、E-A-Tのサイトをコンテンツを豊富に入れれば上位を目指していけることになるでしょう。

初心者は参入しにくいYMYL問題

実はこの2018年のアップデートで知り合いのサイトは軒並み圏外へ飛ばされました。

それはアフィリエイターにとっては死活問題となる出来事なのです。

知り合いは健康系のサイトを作っていたのですが、書いているのは30代のお兄ちゃん。

しかも権威性はなく本などを読んでしっかりと勉強をして書いた記事なのですが結果的には権威性という部分で下落をしたようです。

ちなみにサイトのページ数は200を超えており、1記事も3000~5000文字くらいありました。

継続できる人でこの状態となっているため素人はものすごく参入がしにくくなったといえます。

YMYLのまとめ

この問題に対しては良質なコンテンツをしっかりと一つのサイトに書き続けることが重要だということです。

しかし、そこには専門性と権威性が重要だということになりますのでコツコツと積み上げていくしかないですね。

また、これから参入をするなら医療系、健康系、金融系、法律系はリスクが非常に高い分野といえます。

いわばその分野のプロがいるためですので難しいでしょう。

サイトとなるとネット内で完結をするようなイメージですが、その裏には人がいます。

特に健康系の場合は最悪の場合その読んだ人の健康を害する、金融系の場合だと大損をさせる可能性もある分野。

そのため、ものすごくデリケートに対応をする必要があります。

おすすめはYMYLに関係ないジャンルを選ぶほうが賢い選択をいえますね。