広告収入の基本といえばアドセンス

ネットでブログやホームページを持っている人の中には広告収入を得たい。

そんな風に思っている方も多いことでしょう。

アフィリエイトのようにASPからの広告収入を得るにはそれなりの力が必要となりますし、好きな文章をかけない。

そんなことから最近はGoogleアドセンスの広告をはって収入を得ている人も多いです。

しかし、Googleアドセンスを貼るにはGoogleが設けている審査に通過をしなければなりませんし、どんなブログでも貼れるわけではありませんのでアドセンスの審査について書いていきましょう。

Googleアドセンスとは?

そんなGoogleアドセンスとは?と気になることから書いていきましょう。

Googleアドセンスとは、Googleが提供をしているコンテンツ連動型広告配信サービスです。

例えば、お金のサイトならばキャッシングや借金整理の広告がでますし、自転車のサイトならば自転車や楽天、自転車保険などそのサイトに関連する広告が出るというものです。

アドセンスは主に4つあり、

・コンテンツ向けAdSense (AFC)

・検索向けAdSense (AFS)

・動画向けAdSense (AFV)

・ゲーム向けAdSense (AFG)

こんな風になっています。

日本では2003年12月から一般向けに募集が開始をており、ブロガーなどを通して一気に流行をしました。

アドセンスのメリットは初期費用などは一切かからずサイトを所有していれば誰もが申し込みをすることができるサービスです。

ただし、掲載ができるといっても何も書いていないようなサイトやブログでダメ。

Googleのルールに順守をしているサイトで文字数や記事数がある程度いります。

私は今から5年前くらいに取得をしていますので今ほど審査は厳しくなかったのですが、最近はかなり厳しくなっています。

審査に落ちる人もいる?

審査に通過をするためには「アドセンスポリシーまたはウェブマスターガイドに準拠している」ことが求められますので以下のようなサイトは不合格となります。

・自ドメイン取得済みでもアクセスにサブドメインが必要なサイト

・プライバシーポリシーやお問い合わせフォームが無いサイト

・掲示板やSNS等の文章をコピーしただけのまとめサイト

・医療や健康に関するサイト、仮想通貨など金融を扱うサイト

・引用や出典ばかり記載し自分の文章がほとんど無いサイト

・フリー素材ばかり使用し自分で撮影した写真が無いサイト

・他のサイトから画像や文章のコピーが見受けられるサイト(スクリーンショットも含む)

・icrosoft WindowsやAmazon.com等の企業ロゴの使用、芸能人の写真無断使用等、著作権に違反するサイト

・「↓↓クリックお願いします」などクリックの誘導があるサイト

・タバコを紹介しているサイト(電子たばこも含む)

・ヘッダー画像や本文上の画像が、極端に大きく本文を読むためにスクロールが必要なサイト

・大きすぎる文字の大きさや色、マーカーなど過度な装飾があるサイト

・芸能人のブログのように改行でスペースを稼ぎ、一画面に数文字しか文字が無いサイト

(引用:ウィキペディア「Google AdSense」)

昔は無料サイトでも取れたりしたものですし、コンテンツ量も少なくても大丈夫だったのですが最近Twitterなどを見ていると最低でも1記事1000文字で10記事程度は最低ライン。

文字数も画像もあったほうが良いに決まっていますので審査に出す前に整えましょう。

また、独自ドメインは必須です。

独自ドメインと無料ブログの違いとは?メリットがあるのはどっち?

収益発生!クリック単価はいくら?

もし、審査に通過すればコードをサイトに張り付けるだけでOK!

アクセスをあつめて広告をクリックしてもらうと報酬となります。

ちなみにクリック単価は決まっておらず広告によってことなります。

私はアドセンスサイトを持っていますが、1クリックで2円程度のときもあれば、1クリック100円くらいの時もありますのであなたの扱っている広告にも左右されますね。

合計で8000円を超えると入金をしてもらえますので振込先に「Google」とあるとテンションもあがります。

もちろんどこに広告を貼るのかによっても収益は異なりますが、貼ってはいけない場所もありますので私はコードを張るだけで自動的に出してくれる自動広告を活用していますね。

どんなブログでも貼ることはできるのか?

今まではどんなサイトでも1つしっかりとルールを守っているブログなどをつくっておけば他のサイトでも使いまわしが可能でした。

しかし、しょうもないサイトや審査にクリアをするがためのサイトを作ったりと中にはGoogleアドセンスをうまく活用しない人も目につきます。

そうならないためにもGoogleは今後はサイトを1つずつ登録をさせる方針に変更。

2018年10月より「サイトリストに新しいサイトを追加する」という欄ができているためGoogleの広告を貼っているサイトすべての申請が必要となります。

サイトリストに新しいサイトを追加する(グーグル公式ページへ)

これはあくまでも「サイトが AdSense のプログラム ポリシーに準拠しているかどうかなどを確認」するためも作業ですので今後は必ずおこないましょう。

やり方は、

1,AdSense アカウントにログインします。

2,[サイト] をクリックします。

3,[サイトを追加] をクリックします。

4,サイトの URL を入力します

5,サイトを AdSense にリンク

6,[完了] をクリックします。

審査にはだいたい1日程度となっていますが、その時によって異なるようです。

各サイトに審査が必要になった理由

なぜ今まで自由度の高かったGoogleアドセンスに審査が入ったのでしょうか?

これについて考えてみると問題もいろいろとあります。

まずGoogleアドセンスの広告は広告主がいてはじめて成り立つビジネスです。

広告主の立場としてはお金を出しているので、良質なコンテンツに自社の広告を載せてほしいとおもっています。

例えば、

A:「ものすごくコンテンツ量のあるサイトで情報も間違いないもの」

B:「文字数は少なく信ぴょう性も怪しいサイト」

あなたならどちらに掲載をしてほしいと思いますか?

間違いなくあなたはBのサイトへ掲載をしてほしいと思うのが普通だと思います。

もちろんBでもまだまっしで中にはもっとひどいものもあるのは正直なところなので、Googleとしても一旦チェックをいれておきたい。

そしてGoogleアドセンスの広告を保持している人からすると時にはいきなり削除となってしまうこともあるのですがそれを防ぐことにもつながりますのでGoogleもアドセンスを使っているサイト運営者にとってもメリットのある方法ではないでしょうか?

全員が対象?

2018年の10月の時点ではまだ不明な点も多く、一部のユーザーのみにサイト追加の欄がでているようで私もチェックをしましたがなかったです。

今後、段階を踏んで導入をされていくのでこれからブログやサイトを運営していこうと思っている初心者にとってはよりハードルが上がってくる可能性が高いでしょう。

より良い質のコンテンツを提供することが求められているということなのかもしれませんし、まとめサイトや、自分でコンテンツを書いていない人も消えていく可能性があります。