Table of Contents Plusは便利なプラグイン

今回はワードプレスを使っている人にしかわからないプラグインについて書いていきたいと思います。

プラグインてなに?と思う方はこちらのwordpressのプラグインとは?使い方とおすすめと機能についてを参考にしてください。

このプラグインですが、私も作っているホームページにはすべて入れるようにしていますのでまずはtable of contentsについて書いていきましょう。

Table of Contents Plusとは

table of contentsはワードプレスにいれておけば自動で目次を生成してくれるプラグインです。

このプラグインをいれておくだけでHタグと入れておくと自動で目次を出してくれますので、ユーザーからするとアクセスした記事にどんな内容が書いてあるのかを一目でわかるというメリットがあります。

つまり、ユーザービリティが上がりますのでGoogleからも一定の評価を得られるということです。

導入の方法は簡単で、ワードプレスのプラグインのところから探しましょう。

プラグイン → 検索 → Table of Contents Plus → 今すぐインストール → 有効化

これでワードプレスへ導入が完了しますので、次は設定をしていきましょう。

Table of Contents Plusの設定方法

Table of Contents Plusの設定方法は人によって異なるのですが、私は主に3箇所のみ触っています。

それを参考にしてください。

①どこまでの段落があった場合に目次を出すのかという欄になります。

私は基本的に全部のページに出していますし、短い記事はあまりないのですが2と設定をしています。

2というのは2つの記事から目次を出しますねという意味になっていますので設定は2で十分でしょう。

②は英語になっていますが基本はpegeにだけチェックをしています。

pageは投稿ページなのですべてに入れておけば問題ないでしょう。

もし目次を表示したくないページがある場合には

こちらのコードを記載すればページに目次が表記をされることはなくなります。

③は目次と日本語で表記をするための部分となります。

そのため、最初は目次が「Contents」となっていますのでそのままでよいならば変更は必要ありませんが、日本語にしたいならば好きな言葉にかきかえましょう。

Table of Contents Plusの下に広告を入れる

このTable of Contents Plusで目次を出すことができるのですが、実は他にも便利な方法があります。

それは、目次の下に広告を掲載させる方法です。

ユーザーが読んでいく際に目次周辺というのはとても集中をしてみることになります。

その下に広告を載せておくとクリック率もあがりますので商品の広告でもよいですし、アドセンス広告を載せても良いでしょう。

編集は簡単

編集は簡単です。

ワードプレスのプラグインの欄のしたに「プラグインを編集」という欄があります。

そこからTable of Contents Plusを検索してください。

すると素人では見ても意味が不明なコードが並んでいますが、そこは決していじってはいけませんので注意をしましょう。

コードの欄をどこでもクリックをして「Ctrl+F」を押すと検索欄がでてきますのでそれで探してみましょう。

ここのコードを以下のように変更をし、広告を入れてください。

広告と書いているところに自分の好きな広告おを入れるだけで目次下に広告がでます。

バックアップをしてからしよう

ただし、素人で触ったこともない人がいきなりいじくるのは危険です。

そのため、バックアップをしておいたりFTPをもとに戻せるようにしておくとよいでしょう。

私は万が一のトラブルのために触るまえのコードをTeraPadに保存をしておき、トラブルになった場合にはワードプレスのプラグインをFTPからいじくってから元に戻すようにしています。

このようなコードを触る場合には注意をしてくださいね。

Table of Contents Plusのまとめ

Table of Contents Plusはワードプレスを入れるのならば絶対に入れておきたいプラグインです。

なんといっても目次を自動生成してくれるものはあとは1つしかありません。

ユーザーにとっても使いやすくなるのでプラグインとして入れておきキレイなサイトを目指しましょう。

あとは広告も入れると良いこともあるので活用してみてくださいね。