保育士が転職をする理由は人間関係

保育士不足に嘆いている保育園経営者も多いのではないでしょうか?

ここ最近いろいろな保育園の関係者の人と会うことが多いのですが、よく言われるのが「須藤さんも保育士として働いてくださいよ」と冗談でいわれます。

たまたまあった人、元から知っている人でも冗談で言われるくらい「保育士が不足している」という深刻な問題が起こっています。

保育士の辞める理由は「給与」「労働環境」「人間関係」となっているのです。

多くの人は「私の保育園は給与が安いから」という理由からなかなか離職を止められないという点は正直なところなのですが、それって本当の退職理由ですか?

個人的に感じていることは保育士は給与も大事だけれども「人間関係」が大きな理由だと思っていますのでそこを改善すれば保育士不足で困っている保育園は変わってくるでしょう。

保育士の争奪戦が起こっている現状

大阪や東京など首都圏では自治体は保育園を増やせば待機児童が減るという考えを持っているのですが、それは大きな間違いでありさらに人材不足を加速させると懸念されます。

保育士をして働こうとする人は少なく今でも不足をしている状態なのに保育園を作ると慢性的な保育士不足が加速しどこの保育園もなかなか厳しい状態となりますね。

東京の園長や施設長などになると次年度の採用をするために春から田舎などの遠方にある保育士養成学校へ出向き、東京での家賃補助まで出すから働いてほしいと地方へ人材を集めにいく現状があります。

つまり今保育士は「争奪戦」となっており「保育士資格保持」「経験あり」という人はのどから手が出るほど欲しい人材なのです。

まぁ全国的に保育士は不足をしているので、問題は今働いている保育士さんの給与、人間関係をどのように改善できるかが大きなポイントになってきますね。

人材確保と不足を解消する方法

ここまでは保育士不足の背景や退職の理由について書いてきました。

今の現状から保育園の園長となる人は職場の環境を改善しなければどうしようもないというのを理解しなければなりません。

保育園でもっとも大事なものは「人材」です。

仕事をしている保育士さんがいかに良い保育園を作り出そうと考えてくれているのかという点が大きなポイントといえます。

人材がそろってくれてそこから毎年同じ保育を継続していくことで良い保育ができあがりますが人材がコロコロと入れ替わっては保育も一向によくなりませんので長く続けてもらえることが重要です。

良い保育をするためには人材を育てること、そして長く勤務をしてもらうことが重要ですので以下の3つのことを意識してみましょう。

・今働いている保育士さんにいかに長く勤務をしてもらえるか?

・離職率を減らす

・新たな人材を育てる

この3つについて詳しく書いていきましょう。

今働いている保育士さんにいかに長く勤務をしてもらえるか?

まず何よりも今働いている保育士に長く勤務をしてもらうことが重要です。

認可保育園だとパートも含めて30名くらいの先生の規模が多いでしょう。

その内の離職は最悪でも10%に抑えなければうまく成り立っていきません。

「そんなのできないよ」という方もいますが、その思考ではダメ。

経営者失格です。

「どうすればできるようになるか?」「長く勤務をしてほしいという気持ちをもっているか?」という点がとても大事ですし、その思考を常にもっているかということも重要です。

10%というのも本来は高いですのでできれば辞めない、辞めたくないと思わせる環境を作り上げることが重要です。

理想としては「結婚をしても続けたい」「出産をしても帰ってきたい」と思える職場環境作り出すことです。

離職率を減らす

先ほども書きましたが離職率を減らすためのキモは「人間関係」です。

保育士の不足で悩んでいる保育園の多くはどこかで人間関係に問題があり、それがみんな目に見えてしまい退職をするという流れになっています。

そうならないためには、どうすべきかという点を考えなければなりません。

「園長は現場のことはみようとしない」

「主任がすべての決定権や現場のことを取り仕切っている」

「人によって評価が異なる」

「仕事はできないのに偉そうにする先輩」

「上の人は辞められたら困る人のことを見て見ぬふりをする」

などなど・・・

保育園は基本が女子の世界ですし、男性保育士も厳しい言い方かもしれませんが緩い人、ぬるい人が多いです。

しかし、このようなことになっている保育園は離職は止まらないでしょう。

だって、

働いている人から楽しめると思いますか?

円滑なコミュニケーションがとれますか?

みんな平等ですか?

ここを改善しないと保育士の離職は減りませんし、その逆をいうと「円滑なコミュニケーション」「みんなが笑える職場」「チームワークが良い」環境ならば辞めたくなくなるでしょう。

いかに人間関係の良い保育園を作り上げることができるのかが離職率を下げるポイントといえます。

新たな人材を育てる

もちろん離職者の分は穴埋めをしなければなりません。

そのためにも採用活動をすることになるのですが、その際に大事なことは「人材を育てる」と言うことです。

しかし、昔の「見ておぼえなさい」「むちゃくちゃ仕事をふってやってみて」という指導はもはやカオスです。

今は、

・すべてきちんと教える。

・すべて理由を説明する。

・毎日反省会を開きお互いの意思疎通を図る

とにかくすべてを教えてあげるという姿勢を持たなければ人材は育っていきません。

たしかに上の人は1年間はとてもしんどいですが、次の年からはすごくラクになりますし、その育てた人材が次の人材を育ててくれるようになります。

この育てる環境も作りだすことが重要です。

まとめ

ここまで保育園の保育士不足について書いてきました。

まず離職率を下げることで人材はある程度残ってくれますので新規採用にあまり力を入れなくてもよくなります。

すると育てる人数も減ってきますので人材を育てることから「良い保育を作り出す」ことへと移行をしていけます。

そのためキモは「人間関係」とお伝えしていますね。

保育園業界のトップの方たちも日々頑張っているのですが、考えをすべて変えていかなければ保育士不足は続きますし、人材も育っていかないでしょう。

保育士不足の方はお気軽に相談ください。

今は「無料」で相談を聞いており、私も知っている知識をお伝えさせていただきます。

お問い合わせ