辞めたい保育士の現実

保育士の多くはこの10月に保育園を辞めるのか?そうではないのか?ということを決めなければなりません。

というのも保育園は現在人材不足の観点からなかなか人が集まらないのは正直なところで保育士資格を持っているだけでも合格をもらえるケースもあるほどです。

そんな保育士の来年度の人数を保育園も把握するために10月ごろには来年度の意向を確認するというのが一般的な流れとなっているのですが保育士さんが知っておくべき転職の時期について書いていきましょう。

ちなみに保育士の辞めたい理由トップ3をしっていますか?

「給与」「労働環境」「人間関係」で給与がトップと思われがちですが、実は人間関係がほとんどとなります。

保育士の転職時期はいつにすべき?

もちろん今年度で転職を決めているという人もいるでしょう。

そんなときに絶対にしてはいけないのは「途中退職」になります。

保育士として仕事をしていく際に大事なことは、年度末まではきちんと勤務をするということです。

もちろんうつ病などになり途中退職をする人もいますが、途中で退職をすると保育園はもちろん、同僚、保護者、子供など多くの人たちに迷惑をかけることになりますので避けておきましょう。

退職時期は「年度末」が基本となりますね。

転職の求人数が多い時期

保育士から転職をしようと考えた際に大事なことは求人数が多い時期に転職をすること。

そして転職の方法を間違えないことです。

では、まず保育士の転職求人数が多い時期について紹介をしていきましょう。

保育士の転職求人数が多い時期は10月後半から12月上旬までとなります。

実はこの時期までにたくさんの人を採用したいと思う保育園も多く、求人数は爆発的に上がる傾向にありますので確認をしておかなければなりません。

この時期は1年の中でももっとも多い求人数を誇っている時期なので保育士としても早く転職活動をしておきたいですね。

転職の方法は?

転職の方法はいろいろとありますが、おすすめはエージェントです。

こちら私の記事なのですが、エージェントについてかなり詳しく書いていますのでこれから転職を考えている方は参考にしてください。

保育士転職サイトランキング!口コミ評判と好待遇な転職に成功した方法

その理由はここに書いてありますのでぜひ活用をしましょう。

転職時期や方法や個人差がありますが、一番おすすめしないのはハローワークです。

ハローワークを通しても正直あまり良い求人はありませんのでできればここで紹介をしたような転職エージェントを使ってみてくださいね。