ワードプレスのトラブル 404エラー

WEB関係の仕事をしているとよくあるのがエラーになります。

今まできちんと表示をされていたサイトやブログが急に表示をされなくなる事象です。

私も何度か経験をして顔面蒼白になったこともありますので、サイトやホームページによくある404エラーについて書いていきましょう。

404エラーとは?

404エラーとは別名「404 Not Found」と呼ばれており、サーバーエラーが原因でページが存在をしていないときに表示をされないエラーのことをさしています。

例えば、ホームページに表示をされているページを見る際、裏側ではWeb ブラウザが ページのデータが保管されているサーバーに向けてリクエストを送ります。

そのリクエストに対してサーバーが応え、データを送ることで ページがWeb ブラウザに表示されているという流れになりますね。

そのような仕組みがサーバー側で起こっているのですが、404エラーとはサーバーに表示をさせたいというリクエストは送っているのですが「そんなデータはありません」というときに表示をされるものなのです。

原因

もちろん最初から自分がページを削除している場合は表示をされません。

例えば、http://aaa.com/aaa/というページをあなたが作っていた場合にこのページを他のページとくっつけたため削除した。

問題があったため削除をしたとなると、404エラーとなって表示をされない仕組みがあるのです。

それならばよいのですが、意図せず表示をされないケースもあります。

それは以下のような問題が生じていますね。

1,間違ったURLを入力している。

2,新しいURLへのリダイレクト設定ができていない。

3,リンク切れしているリンク先などを表示しようとしている。

4,ページが削除をされている。

では、簡単に詳細について書いていきましょう。

間違ったURLを入力している

手動でURLを打ち込んだり、ほかのサイトの間違ったリンクが張られているという間違いは多いです。

単純にあなたがいきたいと思っているURLが間違っているということもありますのでしっかりとチェックをしましょう。

例えば、自分や友人、ユーザー、社内の人たちから見た場合にみんなが口をそろえて「404エラー」が出ている場合にはURLが間違っていないかをまずが疑ってみましょう。

小さなスペースでもこれでは表示をされませんのでチェックをして下さいね。

新しいURLへのリダイレクト設定ができていない

ドメインを削除したり、時には別のURLに記事全体を移行させた場合に元のページからは301リダイレクト設定をしておき、新しいURLに表示をさせるという方法が一般的になっています。

しかし、この設定ができていないと404エラーが行われますので正しいリダイレクト設定をしてください。

リンク切れしているリンク先などを表示しようとしている

リンクを張ったけれどもだいぶと古い時期になってしまっていることから表示をされないなんてこともあります。

基本的にドメインの契約期間は約1年間なのでそれ以降は契約をしていないとすべてのサイトが表示をされなくなってしまいます。

ページが削除をされている

すでに記載をされているページが削除をされているケースです。

これはサイト作成者が意図的に削除をしているので404エラーが生じて当たり前の状態です。

404エラーの対処法

そんな404エラーになっている原因として初心者で一番多いのは。

きちんとアップデートされていないというものです。

私もURLは絶対にあっているのに表示をされないなんて思っていたらまさかのワードプレスで公開をしていなかったなんてこともあります。

原因に関しては上記のような理由しかないためまずが疑ってみましょう。

あとは、Googleのサーチコンソールを使ってメニューのクロール>クロールエラーをクリックし、「見つかりませんでした」のタブをクリックします。

するとい下部に表示される「優先度」でソートし、優先度が高い404 エラーのURLを確認しながら、修正するか否か判断していく。

この方法しかありませんのでしっかりと対応をしたいものですね。