ブルくんブルくん

ホームぺージって高いですよね?

たかしたかし

そうだね。たしかに大手の業者に依頼をすると驚く金額がかかるよね。

ブルくんブルくん

中には100万円くらい取られることもありますしね!!

たかしたかし

そうだね。しかし、個人でする場合にそんなに費用をかける必要は一切ないんだよね。

大手に頼んだり、業者に頼むとあとからの営業も大変だし。

ブルくんブルくん

安くホームページを作りたいという人の方が多いですよね?

たかしたかし

そうだね。だからこそ私のように個人で見積もりをしている人に「○○まで」という依頼をしてくる人もいるんだと思う

ブルくんブルくん

なるほど。ホームページの作成の相場っていくらなんですか?

たかしたかし

はい。これについては記事にしたので読んでください。

ホームページを作成したい

ホームページを作成したい。

そんな風に思う方も多いことでしょう。

特にこれから個人で仕事をしていくフリーランスや、飲食店など何らかの店舗を開くとなった場合にもはやホームぺージは必須のアイテムとなっています。

しかし、ホームページを作るのは「高い」というイメージを持っている方もいますよね。

そこで実際の相場はいくらくらいなのでしょうか?

また、ホームページを作る際に大事なポイントをWEB屋の私が書いてみましたのでこれから事業用、お店用のホームページを作りたいと思っている方はぜひ参考にしてください。

ホームページの作成費用の相場

ホームページの作成費用についてはいろいろとあります。

これは各WEB会社の設定によってまちまちとなっており、厳格な決まりがないもが正直なところです。

そのため、高いとみるか?安いとみるか?はその人次第で依頼をする会社次第かなと思います。

しかし、もちろん素人ではできない技術もありますのであなたの出せる予算にそって希望のところまで決めてもらうことが大事です。

相場よりも予算を決めよう

何かを始めるとなった場合に今はスマホやパソコンが普及をしている時代なので、ホームページを作るということはとても大事です。

しかし、大きな会社に依頼をすると50万円や100万円などという数字を見て驚いている方もいるでしょう。

それは大きな会社だからいろいろな人があなたのホームページを作ったりすることで人件費が上乗せになるためそのような値段に設定をされています。

確かにキレイで見た目もよいホームページはできるかもしれないですが、

・初期の事業資金を抑えたいとおもっている。

・予算もそんなにない

・事業が軌道にのるまで現金を置いておきたい

こんな風に事業を始める人にとって50万円という大金はなかなか出せないと思います。

そのために予算を決めることが大事です。

予算とゴールを決めるとやりやすい

実は私もホームページの依頼をされるときに最初に聞く質問が2つあります。

1,予算

2,ホームページをどこまでやりたいのか?

実はホームページを作ることまではみなさん考えるのですが後のことはあまり考えない方がおおいんですよね。

「ホームページを作れば人がくる。」と話をしていると思っている方が多いですが、結論としては「来ない」です。

ホームページは世の中に腐るほどあります。

その中からあなたのお店や事業のホームページを見つける方はどれくらいいるでしょうか?

たぶんいないでしょう。

そのため、ホームページを作るとしてもその後のことを考えなければなりませんので最初に私は2つの質問をするようにしています。

予算と目的の確認後の事例

予算と目的を聞いた後には実際にそこまでできるかのすり合わせをしなければなりませんので事例を交えて書いていきましょう。

事例①予算は30万円

例えば、予算は30万円でホームページは名刺代わりのもので構わない。

こんな依頼だとやりやすいです。

会社としてのトップのページを作成して、あなたの理念や事業の目的など思いを聞かせてもらって文字に反映をすればよくなりますので、これくらいならば予算内に収められることが可能です。

あとは定期的にメンテナンスすればよくなりますし、あなたの希望にそった金額でつかえるようになるでしょう。

事例②予算は20万円

次は予算が20万円で集客に使いたい。

正直、この予算ではそれをすることは難しいので、私としては20万円の範囲でできることまでをお手伝いさせていただきます。

しかし、適当にするのか?といわれるとそんなことではなく、予算内に収めるためにあなたにやってもらえることやお手伝いをしてもらえることはしてもらいます。

予算によってできるところまで手伝います

こんな風にこれから事業をはじめる人にとっては資金を少しでも抑えておきたい。

でも、少しでも良いホームページを作りたい。

そんなときには予算に合わせて私に相談をして下さい。

こちらとしてもできることとできないことをしっかりと話をさせていただき、予算内に収めるようにします。

ホームページの作成や作り方について

ホームページを作りたいけれども素人にはできない。

では、プロはどんな風につくるのでしょうか?

実は多くの場合はHTMLと言われるテキストで作られる方が多いです。

HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ、HTML(エイチティーエムエル))は、ハイパーテキストを記述するためのマークアップ言語の1つである。

(引用:ウィキペディア「HTMLについて」)

このHTMLはWEBデザイナーの人がさわるようなコードとなっておりあなたの希望のホームページのトップをきれいに作ってくれるものとなっています。

正直私もHTMLのホームページも触っていたのですが、メリットとデメリットがあります。

ホームぺージビルダーのソフトを持っていればまだ素人でも触れますが、なければ素人には意味不明な文字列が並ぶだけとなります。

メリットは自分なりにデザインやアレンジが可能となります。

デメリットとしては、素人には無理ですしホームページの作成会社がHTMLで作成をした場合には少し変更をしたい、いじりたいという場合にその都度依頼をしてお金が発生をすることになります。

そのため、最初からHTMLで作成をされてしまうと、あとで変更をするたびにお金もかかることになりますし、些細なことも自分で触れません。

目的はきれいなサイトではなく、事業を知ってもらうこと、集客をすることなので予算ができてからこちらへ移行をするほうが良いと思いますね。

最初はWordPressがおすすめ

事業を初めて間もないならば、ワードプレス(WordPress)で作成をすることがおすすめとなります。

ワードプレスは世界中で使われているホームページ作成のためのソフトウェアです。

WordPressは、オープンソースのブログソフトウェアである。PHPで開発されており、データベース管理システムとしてMySQLを利用している。単なるブログではなくコンテンツ管理システム としてもしばしば利用されている

(引用:ウィキぺディア「WordPressとは」)

実はこのワードプレスは自由度が高く、いろいろな会社から豊富にテンプレートも販売をされていることから好きなデザインを入れることが可能となります。

WordPressとは?初心者でも簡単に作れるホームぺージツール

正直デメリットというものはあまりないです。

その反面メリットが多く

・自分で好きな時に触れてブログ機能もつけられる。

・パソコンやスマホから手軽に変更や更新ができる。

・プラグインで自由にカスタムが可能。

こんな風なメリットがあり、事業を始めたばかりの方にとっては自分で触れる、ブログ機能をつけて事業のやっていることを発信できるという点でメリットが多いです。

実はこのホームページもワードプレスで作っています。

無料ブログはだめ?

無料ブログならばお金もかからないのでどうかな?

こんな風に思っている方もいるでしょう。

結論としては「事業用はダメ」です。

事業用といういい方にしている理由としては、個人事業主なり株式会社なり法人なり何らかの形で事業をしているということになります。

検索をしていてたまたま見つけたとします。

そこが無料ブログだったら?あなたは依頼しますか?

たぶんしないでしょうし、ちゃんとお金を多少でもかけてホームページを作っている会社に依頼をすることになるでしょう。

ホームページがない、不要な事業だけと形だけ・・という程度ならばよいと思いますがある程度事業としてやっていくのならばホームページがある程度のものは用意をしておくべきですね。

ホームページ作成費用の相場

ホームページの作成費用について書いてきました。

費用については検索をして会社の費用に合わせるよりも、あなたの予算に合わせて希望のところまでやってくれるところを探すべきです。

そうでなければ知識のないあなたはただのカモになるだけですよ。

サーバー、ドメインなど難しい設定もありますので素人が自分で作ろうと思ってもなかなか難しい場合もあると思いますのでよく考えましょう。